エプタ

時代の先へ エプタ

Vol.85 2018.4月[花号]
雪号

特集

貼 る

エプタ表紙
 
 B A C K N U M B E R L I S T S
 Vol.86  C O N T E N T S


―接着剤の元祖 アスファルト
 日本接着学会・元理事・柳澤誠一

◆膠

―古典的膠の復元と修復

 天野山文化遺産研究所代表理事・
  桃山学院大学客員教授・山内章

―日本画と膠

 日本画家・花岡哲象

―ヴァイオリン製作と膠

  弦楽器製作家・修復家・篠崎渡

―膠と音色

  ヴァイオリニスト・水谷晃

◆漆

―漆芸 螺鈿

  漆芸家・北村昭斎

―金継ぎ
  蒔絵師・松田祥幹

◆でんぷん糊

―日本最古の和傘屋

  辻倉 十七代目・木下基廣

―京の町に伝統の風を送る
  小丸屋 十代目女将・住井啓子

◆新しい接着

―電気をとおす接着剤

  セメダイン株式会社

しっかり貼れてきれいに剝がせる
  付箋の開発

  スリーエムジャパン

―接着剤の最新情報

  日本接着剤工業会・会長・野川隆幸

―医療現場での貼る技

  国立病院機構東京医療センター・
  形成外科医長・落合博子

―貼る芸術 Collage Art

  金沢美術工芸大学大学院専任教授・
  横山勝彦


・・・・・・・・・・


― Dr.神尾の健康快道

― スキンケア講座
 「”貼る”お手入れで肌力アップ」

― エプタザールコンサート情報

― 次号予告/編集室から

  • TOP
  • MAIL
  • cart

改めて今、私たちの暮らしを見渡してみると
家や建物、家具や家電、
自動車や新幹線、高速道路
飛行機や宇宙ロケットまで
およそ目につくあらゆる分野で「接着剤」が活躍していることに驚く。
物と物とを貼り合わせて生まれた数々の伝統文化
その発祥を探ることは、古の人々の知の深淵に触れることだった。
接着の歴史を辿って貼る技が生んだ日本ならではの文化と
進化を続ける接着技術の未来を探った。